質問と答え

ここでは専門的な用語や技術をご紹介するのではなく、一般のお客様のクリーニングや衣類に対する素朴な疑問、お渡し時に何気なくいただくお問い合わせの内容をご紹介しております。

受け取り後の保管方法は?
通常通り、クローゼットや箪笥などに収めていただいて構いません。
ただ、袋に入った状態での保管は、湿気によるカビの原因となる可能性がありますので なるべくお出しになってからの収納をお勧めいたします。
お渡し時の袋は店舗での保管時や、お客様がご自宅に戻られるまでに汚れが付着しないための保護の為とお考えください。
また、収納後、ビニールから出した状態であっても、時折扉や引出しを開けて風を通すことをお勧めいたします。
シャツの襟が変色するのはなぜ?
汗による変色が原因の場合が考えられます。 度重なる着用により、肌と密着する襟や袖、脇といった部分に汗が付きそれが蓄積されることにより変色に至るケースが多く見受けられます。
汗は透明ですが、時間の経過とともに空気中の酸素に触れ、「酸化」する為、白色→黄色→黄褐色と段階を経て変色を起こしてしまいます。
このような事態を防ぐためにはやはりこまめなお手入れが必要です。
毛玉ができてしまったら?
余計なものです。取り除いてあげましょう。
ニット製品や圧縮されたウール(アウター類)などに良く見られる摩擦によってできる毛玉。
もとの素材は動物性の毛です。
人間の髪の毛同様、ほったらかしでは絡んでぐしゃぐしゃになってしまうのが関の山。
コートなどは着用後にブラッシングをすることで毛玉ができにくく、またご購入時の滑らかな表面を持続しやすくなります。
シミをつけてしまったら?
なるべく早めにご相談ください。
ご自身での処理や、時間の経ってしまったシミは固着し、取りづらくなる可能性が高くなります。
特にアイロンや乾燥機、お湯洗いなどによる熱処理を施した場合は当店のシミ抜きでも通常よりお時間をいただく場合もございますので予めご了承ください。
とっさの応急処置として、軟らかい布やティッシュでシミの上からたたく程度が良いでしょう。
擦ったり、水を付けたハンカチなどでたたくのは、シミを広げてしまいますし、お湯などでゆすぐのもシミの種類によってはアウトです!
血液や、卵といったタンパク質が熱処理によって落ちづらくなるシミの代表格なのですが、考え方はとっても簡単で、生卵を焼いたり茹でたりするとどうでしょう?
答えはひとつ。そうです。固まります。
タンパク質のシミも同様で、熱処理によって繊維に入り込んだシミが固まり、取りづらくなる。 というわけです。
シミって実は奥がとーっても深いのです!

↑ このページのトップに戻る

あさぶろ

アクセスマップへ
くりーにんぐあさの
〒221-0001
神奈川県横浜市神奈川区
西寺尾3-21-6
TEL:045-432-3017
FAX:045-432-3017
営業時間:9:00〜19:00
定休日:毎週水曜日